「サタデー・ナイト・フィーバー」 / ビー・ジーズ(1978)

アラベスクとか聞く人達は全員不良だと思っていた。
ハロー・ミスター・モンキー
猿だって、誰が?

真夜中に大音量で走る車
誰に聴かせたいんだろう?
国道に程近い僕の家の窓ガラスを震わす。
GOROの篠山紀信で盛り上がってたのに・・・

「松林の中で静かにアンパンでもしてろよ。」
「タバコとライトで目がちかちかするディスコなんかぜってぇいかね。」
「馬鹿じゃねえの」
ぐずぐずと口元だけで反抗してみる。


それから何ヶ月か後
夢中でステップを刻む自分がいたことを
その頃の僕は知らない・・・





思いっきり猿顔で毛深そうな男が映画館の看板を飾っていた。
手旗信号か何かのポーズか。
白いジャケットと白いパンツ、中には黒いシャツ。
や○ざっぽいファッションだよなぁ。
けどすごく長い列。
かわいいお姉ちゃんたちも並んでる。
これは飲みにいったときのネタにと、並んでみた。
甘い香水の香りに惑わされたのは、内緒だ。


その頃地方の映画館は入れ替えもなく、最終回まで観た。
いいや、踊った。
ステップを練習した。
いろんな筋肉が痛くなるほどに。
一番スクリーンから遠い通路で、見ながら踊った。

目が合った子を誘い、(初)ディスコへ。
二人分の飲み物をテーブルに戻ると
彼女はバイキング料理を用意してくれていた。
さっき見た映画の話、
音楽の話してるのに勝手に身体がリズム取ってる。

Stayin’ Alive 流れてる。
彼女の手をとり、フロア中央へ。

この街では8月が七夕だ。
今日、織姫に会えた気がした。


How Deep Is Your Love


何杯目の水割り
何曲目のダンス
何回目のKiss


Night Fever


カフスを直すポーズ
決まったかな?


More Than A Woman


彼女の腰をぐっと引き寄せた。





「DISCO 最高!!!!!」
心の中で大きく叫んだ^^;

あの夏・・・・・。


http://www.youtube.com/watch?v=69VsAEafSgM&fmt=18





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック