「UNSPEAKABLE」/Every Little Thing(2002)

おかっぱ頭のもっちーもいいなぁ。
夕べの「HEY!HEY!HEY!」観た^^
デビュー当時
すげぇきつい女と思ってた。

年齢とともに丸くなった?

あっ、僕の体型がね・・・



---------------





城下町特有の
クランク状になった道路を
いらいらしながら歩いてた。
この街の景色は好きになれそうだけど、
道がちっとも覚えられない。

アーケード街を通って
ひとまず警察署を目指す。
市役所を右手に見つけたら
郵便局はもうすぐだ。
県立総合病院の脇道を登ると
新発田城址。
お堀の向こうに
陸上自衛隊新発田駐屯地。



彼女の生まれた街を見たかった。
この場所に来た漠然とした理由。

冬を間近にしたこの季節には
こんな空気を吸っていたんだね。
水面に映る鳥はキミの若い頃見ていたのかな。

メールしておいた。
はっきりと「とどめ」さして欲しくて。
「さよなら」だけを聞きに来た。
いつまでたっても新しいことができない。

あの頃の僕たちは
その日その日を生きていたね。
溺れてるみたいに
お互いに縋り付いていた。
まるで海の底に
そのまま沈んでしまうことを
望むように・・・

泳ぐのを忘れたことに気付き、
僕たちは自然に遠のいた。



思い出にふける僕を
強張った笑顔が見つめていた。
「ひさしぶり・・・な、何から話せばいいのかな」
「変わらない声だね、お腹ちょっと出たみたいだけど」
再会の一言でふらついた。

小さなレストランに入った。
少しずつ僕たちの緊張感は溶けていった。
デザートの後にコーヒーを飲んだ。
「タバコ、いいかな」
あの頃と変わらない
彼女が火をつけてようとした。
照れ臭くて急いで自分のジッポを使った。
「あのさ、」
「なに」
「変わってないな、人の話遮るところ」
「いま「さよなら」っていおうとしたでしょ」
「・・・」
「まだ、あなたの気持ちなら読めますよ」
「・・・」
「久しぶりに暖かくなった気持ちって理解できる?」

タバコを2本吸った。
会計を済ませ、この街の曲がりくねった道を二人で歩く。

なぜだろう、いらいらしない。



強引に抱き寄せた。
「また溺れるかもしれないよ」
耳元でささやいた唇をそっと塞ぐ。

この街で一緒に雪を見たいと思った。




---------------



先生、
野島伸司にもなれません。
まして「高校教師」みたいになんて・・・

年齢とともに失ってしまいそうなもの。
リズム感
感受性
○欲

まだまだ(ダークサイドで)現役らしい。
懲りてしまえよ、俺><

     http://www.youtube.com/watch?v=G-CNBhU2XWk
     歌詞カード
     http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/7747/Y016587



Every Best Single 2 (CCCD)
Every Best Single 2 (CCCD)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック